<< テンプレート変えてみましてん | main | ライフサイクル「極私的感想」 >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ライフサイクル「極私的感想」

今回も、してやられた感をひしひし感じさせていただいた。
わかっていながらもあえて目をそらしている現実や感情を指摘されちゃったり、マイナス方向の固定概念を、暖かい目線でやんわり打ち砕かれちゃったり。

では、一曲ごとの極私的感想など…。

ライフサイクル
自分が初めて聞いたのは、「青い部屋」でやった「ミドリカワ書房の日」だったか、それとも、初めて行った田辺さんのワンマンだったか。
これって、まんま自分に当てはまる歌詞だ。子供の頃は、大人がするような気遣いをしてクタクタになっている可愛くない子供だった。で、今は自他共に認める子供っぽい人間。年々幼さが増していっている気がする。
歌詞に出てくる人物と同様に、友達は人生の午後をすごしているのに自分は決して終わることのない長い昼休みをもてあましているし。
この曲を聞くたびに、結論ださずに無為に時を過ごしているしかない自分に苛立ってくる。
そして、そんな苛立った精神を、田辺さんのフンワリした歌声&がやさしく包んでくれるのです。

GAP
これも「ミドリカワ書房の日」に初めて聞いたような気が…。
きちんと人生の定位置を確保して役目を果たしている人とのギャップ。
そういう人を「まぶしいな」って感じられるようにならなきゃ、って反省。自分の場合、ホノボノしつつもちょっぴり引け目を感じてしまうので。

永遠の光
大好きな曲。生き生きしてキラキラしてて透明なラブソング。
冬の澄んだ空気と白い息、まっすぐな気持ちが絡まって、天上的恋愛にまで上昇していった名作だと思う。
ネロとパトラッシュを包んだ光って、いわゆるレンブラント光線ってやつですね。一度でいいから肉眼で見てみたいな〜。

するかしないか
奥深い、大人だからこそ歌える、田辺さんにしか描けない世界。私には遠い世界だな〜。でも、素敵な曲だなーって事はわかります。どちらにせよ、こんな風に思ってもらえるのなら、嬉しくて舞い上がっちゃいますね。

ことばのたね
この歌も、初めて聞いた時は強い衝撃が体を走りました。痛くて苦しい切ない歌です。
「タイトルのない感情にくたびれた」って歌詞に同感し、
「知らずにまいた 僕の『ことばのたね』が…(中略)…ひと夜のうちに花を咲かせて
君を死にたくさせたというのか」って歌詞に、深く考えさせられました。

愛情のしみ
倦怠期どころかそれすらも過ぎ、今更別れるのも面倒だし彼女にも悪いし…って男の歌。
「ふけばきれいになるほど 新しい汚れでもないし けずり取るほど痛みを 覚悟できていないから」…大人の世界やなあ。しみじみしてしまう。淋しいけど、温かい、血の通っている言葉。
簡単に別れない二人は、結局はお互いを思いやっているから別れられないのだろうと勝手に思い込み、淋しいながらも少しホッコリ。

いなくなりたい
ふと、「いなくなりたい」って思った時、この歌聞いていると、とりあえず今回は止めとこうって思える。
マイナス方向の行動する力があるなら、同じ力でプラスに持っていけばいいのだなあと。

瀬戸内セレナーデ
一度も瀬戸内に行ったことないのに、この歌聞いていると目の前に瀬戸内の景色がばっと広がります。旅行気分が味わえるところがお気に入り。

うたとギター
田辺さんのセクシーボイスにうっとりの一曲。ギターへの愛情が伝わってきます。
ピアノの音も嫌いではないけど、ギターのほうがジンワリと魂に染みこんでいく感じがする。特にアコギは。

居酒屋で
お酒を(あまり? )飲まない田辺さんらしからぬ歌。しかし、そんな方が作ったとは思えない、居酒屋のけだるい気配に男女の甘い雰囲気が絡まって、聞いていると自然とニマニマしてしまいまうラブい歌です。

※全部書こうと思いましたが意外に長くなってしまったので続きは後日!

スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • 01:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ライフサイクルについて
ライフサイクルライフサイクル(Life cycle)は、人生の経過を円環に描いて説明したもの。精神分析家で発達心理学者のエリク・H・エリクソンが、その著『ライフサイクル その完結』で取り上げてから、広く一般にこの言葉が浸透するようになった。近代の始めあたりまで
  • 精神医学ってすごい?
  • 2007/06/14 3:04 PM
ぼくのスマイリーマーク
みなさんとつながれた感謝を込めて。。。
  • 田辺マモルのマモログ
  • 2007/06/13 10:46 AM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
licca
The Derek Trucks Band
生暖かく見守ってください
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
オールレディ・フリー
オールレディ・フリー (JUGEMレビュー »)
デレク・トラックス・バンド
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM