スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


音楽歌vol10〜★と「おチョコ」の好きなオンガク〜

JUGEMテーマ:音楽

音楽歌10回記念合同企画
『音楽歌vol10〜★と「おチョコ」の好きなオンガク〜』@渋谷7th floor
行って来ました。
最高のライブイベントでした。
ライブイベントでは最初から最後までたのしいってことはかなり稀で、どうしてもボンヤリしてしまう時間があるんだけど、今回はまったくなし。ずっと楽しかった。

The Endさんは相変わらず(←ほめことば)の魅力で、森のおんがく会で見たときの感動が蘇ってきました。と言うか、今回はさらに加えてじわっと染みるやさしさとか感じてしまい、ますますお気に入りになってしまいました。
スタバの歌、優しさが詰まっていて良いです。
会場でCD売ってたみたいなのですが、ライブ終わりにCD探しても見つからず買えませんでした…。残念。

racoustik のボーカル&ギターさんは岩見十夢君を彷彿とさせる雰囲気。曲の雰囲気とってもよかった。
いきなり会場の空気がふわーっと暖まるライブでした。

ソウル・パウダー・コネクション。須田さん最高!「ガール、君は自由になった」めっちゃ気に入りました。
アルバムとか出てないのかな。
あったらほしいなあ。
須田さんの歌声とキャラにやられてしまいました。
ライブ、また行ってみたいです。

(上記感想は出演順ではありません)

んで、おチョコです!
斉藤さんの歌声は健在で、林さんのギターも変わらず、お二人とも震えが来てしまうほどのかっこよさ。
斉藤さんの声と林さんのギターがあればオカズは要りません。
コレだけでご飯何杯でもイケちゃいます。

4人の息は、1年前のライブと比べると格段に変化していて
永年一緒にやっているバンドのよう。

最後に「旅立ちの朝」を出演者全員で歌ったところなんかは、おチョコらしい演出で、「森のおんがく会」的空気が漂ってきてメチャクチャ幸せな気持ちになれました。

出演者の皆様&すたーちゃん。
すばらしくて最高のライブイベントをありがとうございました


クラプトンライブ追記ラスト 影の男

デレク&ドミノスとデレク・トラックス・バンドに夢中な今日この頃。
ライブレポに書けなかった事をメモって、クラプトンライブ追記シリーズ(って自分で勝手に名づけているだけですが)最後にします。
【影の男】
クラプトンのライブに行って、まず驚いたのがデレクのギターテクですが、二番目に驚いたのがドラムエンジニアのオジサンの密かな活躍!
ドラムの Steve Jordan の後ろに隠れて、スネアの交換をするんだけど、これが神業的速さ&正確さで、見てて惚れ惚れしてしまいました。
結構図体のでかいオッサンでしたが、交換の時も待機時もドラムの脇でしゃがんで正面からは見えないように頑張ってましたなあ。
今回のライブの影の主役はこのオッサンかもしれないと思う。
そういえば、Steve Jordan のドラム、前半はかなり主張が激しかったんだけどライブ後半になってから急におとなしくなっていた。
おかげでほかのパートと調和が取れて良かったけど、バンドで話し合ったのかなあ?

【Doyle Bramhall II 】
デレクの影に隠れて、かなり割を食ってしまったのではないかと思う。
今回は、ギターやったりコーラスやったりボーカルやったりブルースハープやったりと忙しそうでしたが、そのわりに脇役臭漂ってて、見ていてちょっとかわいそうに思えるシーンもちょこちょこ…。
だからなんだろうけど、確実に投げやりになっている時もあって、「この扱いでは仕方ないか」とは思いつつ、ううむ…とうなってしまったことも多々あります。
歌だってうまいし、ギターだって御大クラプトンに追随するテクニック持っていると言うのに。
もったいないよ!Doyle Bramhall II。
今度来日した時は実力見せ付けて欲しいと切に願います。

今回の来日ではデレクと一緒にあっちこっち遊びまわったり、
六本木のお姉ちゃんをライブに招待する余裕はあったみたいですが(^_^;)
次回の来日では、そのエネルギーをぜひライブで使って欲しいなどと思ってしまうワシです。

グリムの魔法

グリムフォークフェス2006行ってきました。
幸せです。
いまだに夢のなかにいるような感じでフワフワしてます。
石橋グリム看板電車から降りたらグリムの看板がお出迎え。

石橋駅前送迎バス(?)から望む石橋駅前。

会場で、TこさんとMほこさんに会えました。
夢のデザート3人でお茶しましたん。
ホットケーキあまあまでうま〜。

相変わらず楽しい二人です。
今までライブで見かけてはいたけどお話出来ずにいた方とも話せた。
お二人のおかげです。ありがとう猫2

オープニングの「グリムフォークフェスのテーマ」伊藤さんの「グリムのムは無理心中のム」ばかうけでした。
こんな発想は伊藤さんしか出来ない!
伊藤さんのワンマン、来年こそは行きたいなあ。
ちなみに田辺さんは「チャングムのグム〜♪」でした。ウフ。

久しぶりに見た生モルさんは素敵でした。
「プレイボーイのうた」「ラブストーリー」……クラクラですラブラブ
マイナスイオン出てました。
どんなにゴミゴミとした環境でも、田辺さんのまわりだけは空気が澄み切っているに違いない、って思います。
たけし君と歌った「デイドリームビリーバー」「外は白い雪の夜」良かった。
たけし君がちょっとドキドキしてる感じで可愛かった。
エンディングにみんなで歌った「ラブ・イズ・オーバー」染みました。
田辺さんたら、なんて切ない声で歌うんでしょうか。
脳みそが沸騰しました。
ワンマン楽しみ〜。

アコースティックの東京60WATTS(45WATTSかな?)初めて見ましたが
良いですな〜。
たくおさんとたけし君と太郎さんの3人編成も良いなあ。
たくおさんの歌声はやっぱくる。きれい過ぎよ。
太郎さんのぶっきらぼうな歌も新鮮で可愛くて良かったです〜。
ライブ後にワッツのTシャツ買ったら、シリコンバンド貰いました♪2個目だ!
これでライブにつけていける。
Tシャツにサインも貰ってしまった。
優しい人達だポッ

グリムの館は夢の館でした。
来年もありますように。
前回のお祭りのようなフェスも楽しいけど、今回のようにしっとりと楽しむ構成も秋のフェスっぽくて良いですね。
出演者の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。
送迎時間過ぎてしまったので
会場から歩いて帰ろうかと思っていたら、雨が降っているからと
スタッフの方々が、わざわざ車出してくださいました。
ありがとうございました。

まとまりの無い記録ですいません。
落ち着いたら追記を書くかもしれないです。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
licca
The Derek Trucks Band
生暖かく見守ってください
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
オールレディ・フリー
オールレディ・フリー (JUGEMレビュー »)
デレク・トラックス・バンド
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM